西東京に降り注ぐ太陽エネルギーは西東京で使いたい

2014年8月14日 19時34分 | カテゴリー: 活動報告

7月12日、こだいらソーラーを見に行きました

パネルは思いのほか薄いってことに、えらく感心してしまいました。

それはともかく、西東京にもいっぱい降り注いでいる太陽エネルギーを使わずにいるのはもったいない!西東京でも他の先進事例に見習って、市民力で太陽エネルギーを使っていきたいと思っていた矢先、今度は、西東京で行われた「市民ソーラー出資者説明会」に参加しました。

この説明会は、市民電力連絡会メンバーの有志が設立した合同会社東京市民ソーラーと、環境NPOエコメッセが共催で行ったものです。

エコメッセは、生活クラブ運動グループの一員で、生活クラブの運動の中から生まれたNPOで、リサイクル品を提供してもらいその売り上げを環境に役立てようという趣旨の団体です。田無町にもお店があります。リサイクル品などあれば、ご提供いただけるとありがたいです。

さて、その説明会に参加して、がぜん、西東京で降り注いるものは西東京で使いたいという思いをさらに強くし、私も出資したい!と思いました。