新しい公害?香りはエチケット?

2018年6月20日 12時00分 | カテゴリー: 活動報告

最近話題になっている「香害」ご存知ですか?

香害とは柔軟剤、消臭除菌スプレー、制汗剤、芳香剤、合成洗剤などの強い香りを伴う製品による健康被害のことです。体臭は含まれません。

この香料や、後からでも香るように香料を閉じ込めるカプセルは化学物質でできています。
化学物質への許容量は人それぞれですが、子どもは大人より少ないと言われています。許容量を超えると、アレルギーや、喘息、最悪の場合化学物質過敏症を引き起こします。

6月議会では、市や教育委員会に対し香害の周知を求めました。
「市のホームページや、保育園の園だより、給食だよりなどで啓発する」との答弁でした。

誰もが、被害者や加害者になる「香害」。

テレビコマーシャルに惑わされず、成分は何か注意する必要があります。